ブログ

動物が悪いの?原因は?

2017年08月01日

こんにちは!茨城県、つくば市の、エステサロン、インディバエステの、アグライアです✨

先日、栃木県に行った時、慈覚大師のゆかりの史跡があるという看板を見つけ、向かってみる事にしました。車で走って、途中から、歩かねばならない道を進んで、辿り着きそうになった時、大きな音にビックリして、見渡すと、野生のイノシシが、一頭、狭い檻のわなに、捕獲されており、体当たりで、鉄にぶつかりながら、逃げようとしていました。初めて野生のイノシシを見ました。イノシシの農作物の被害や、人に危害を加えたニュースは、テレビで見た事があります。それは、本当に大変な問題です。自分が育てた、農作物が、荒され続けたら、またイノシシに襲われそうになったら、その恐怖は相当です。でも野生の動物は、本当に、悪いのかな?例えば、山々の木々が、伐採され、膨大な山の斜面に、次々と太陽光発電が作られていく姿が、見られます。太陽光発電が、悪いのではなく、それがなければ電力が、足りないのかな?野生の動物が、人間の都合のいいように生きる事はない。けれど、人間の都合の悪い動物は、殺される。彼らも、地球に生きている。地球🌏は、人間だけのものではないから、共存し、調和して生きれる方法はないのかな?イノシシ君と、目があった。ごめんねっと伝えた。こっちをじっと見ていた。綺麗事しか言えず、何もできない自分。皆んな何ともいえない気持ちになって、帰路につきました。慈覚大師が、村人達の幸福を願って座禅を組んだという、大きな石がありました。慈覚大師は、地球に住む今の、私達人類を見て、どんなアドバイスをして下さるんだろう?この尊き石の上で、慈覚大師が座禅を組んで、願われた、幸福とは、どんなものなのかな?

お問い合わせ
ページトップへ